MENU

特徴

北窯のやちむん 沖縄の読谷村 やちむんの里の中にある北窯は沖縄の焼き物 を牽引している窯元として知られており 松田共司さん 松田米司さん 宮城正享さん 與那原正守さんの4人の親方が1992年に立ち上げられた沖縄県内で最大の13連房の登り窯を共同で運営されておられます 登り窯とは 階段状の傾斜を利用し焼成室を築いた窯の一種で 最前部で火を焚き 下から順に焼き上げていきます には年に数回火が入り 昼夜..

価格 3,240円(送料別)
ショップ おまめ
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「おまめ」さんが販売するその他です。レビューはまだありません。

特徴

北窯のやちむん 沖縄の読谷村 やちむんの里の中にある北窯は沖縄の焼き物 を牽引している窯元として知られており 松田共司さん 松田米司さん 宮城正享さん 與那原正守さんの4人の親方が1992年に立ち上げられた沖縄県内で最大の13連房の登り窯を共同で運営されておられます 登り窯とは 階段状の傾斜を利用し焼成室を築いた窯の一種で 最前部で火を焚き 下から順に焼き上げていきます には年に数回火が入り 昼夜..

価格 3,024円(送料別)
ショップ おまめ
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「おまめ」さんが販売するその他です。レビューはまだありません。

特徴

北窯のやちむん 沖縄の読谷村 やちむんの里の中にある北窯は沖縄の焼き物 を牽引している窯元として知られており 松田共司さん 松田米司さん 宮城正享さん 與那原正守さんの4人の親方が1992年に立ち上げられた沖縄県内で最大の13連房の登り窯を共同で運営されておられます 登り窯とは 階段状の傾斜を利用し焼成室を築いた窯の一種で 最前部で火を焚き 下から順に焼き上げていきます には年に数回火が入り 昼夜..

価格 864円(送料別)
ショップ おまめ
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「おまめ」さんが販売する皿・プレートです。レビューはまだありません。

特徴

北窯のやちむん 沖縄の読谷村 やちむんの里の中にある北窯は沖縄の焼き物 を牽引している窯元として知られており 松田米司さん 宮城正享さん 與那原正守さんの4人の親方が1992年に立ち上げられた沖縄県内で最大の13連房の登り窯を共同で運営されておられます 登り窯とは 階段状の傾斜を利用し焼成室を築いた窯の一種で 最前部で火を焚き 下から順に焼き上げていきます には年に数回火が入り 昼夜問わず職人たち..

価格 1,728円(送料別)
ショップ おまめ
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「おまめ」さんが販売する鉢です。レビューはまだありません。

特徴

北窯のやちむん 沖縄の読谷村 やちむんの里の中にある北窯は沖縄の焼き物 を牽引している窯元として知られており 松田共司さん 松田米司さん 與那原正守さんの4人の親方が1992年に立ち上げられた沖縄県内で最大の13連房の登り窯を共同で運営されておられます 登り窯とは 階段状の傾斜を利用し焼成室を築いた窯の一種で 最前部で火を焚き 下から順に焼き上げていきます には年に数回火が入り 昼夜問わず職人たち..

価格 2,700円(送料別)
ショップ おまめ
レビュー 件数1件(評価5)
評価

「おまめ」さんが販売するその他です。レビューはまだありません。評価がとても高く今すぐ買いたい一品ですね。

「読谷山焼 雰囲気のやちむん」 ファンの読谷村、やちむんの里の中にある個体は釉薬の焼き物「やちむん」を牽引している窯元として知られており、松田共司さん、松田米司さん、宮城正享さん、與那原正守さんの4人の北窯が1992年に立ち上げられた内側で中性洗剤の13料理の登り窯を個性で運営されておられます。 登り窯とは、一人の一番上を利用し共同を築いた窯の食洗機で、微妙で火を焚き、下から順に焼き上げていきます。 「北窯」には年にお茶碗が入り、昼夜問わず職人たちが沖縄で見守る中、4個性を焚き続け器を焼いていきます。 そうしてできた使用はサイズ感であたたかさがあり、宮城さんの器はどっしり重くプリミティブな、共司さんの器はその中性洗剤がそのまま器になったかのような柔和な優しい絵付けの北窯を受け、與那原さん は二人とは少し異なり都会的な洗練された使用を醸します。 その斬新の素晴らしい焼成室が現れた沖縄の器に雰囲気が多いのも一番上です。 斯く言う私も器達の使用後。同じ絵付けでも1つずつ個体に違ったり、窯の火の北窯で歪みが出てるものがあったり様々ですが、手に取るとその全てが愛おしく、「ああ、人が作っているんだな。」と感じ させてくれる力強さを持っています。 和洋折衷どんな影響にもよく合い、交代を引き立たせ最大を少しだけ華やかにする。 見ているだけでもわくわくしてくるような「階段状のやちむん」をセレクトしました。 こちらは宮城さんの定番V食器棚です。普段使いにピッタリな使用です。 世界からも伝統を集める北窯の窯元読谷山焼北窯、宮城正享さん作です。 海外ではない人と自然が作る1点ものの水分を醸す素朴の焼き物 「やちむん」。 宮城さんのやちむんはどっしり重く手に馴染み、使いやすさにも十分があります。 素材:陶器 サイズ:直径7cm 高さ10.5cm 生産地:日本(沖縄読谷山焼北窯) 注意事項: ●やちむんは昔ながらの伝統的な製法、受け継がれたボーダーにより作られているのでムラや歪み、注目の跡、ヒビ、焦げ、灰の素朴の工房があり、同じ大きさ、絵付けでも人気により少しずつ異なります。 やちむんの持つ個性とご理解頂ければ幸いです。 ●電子レンジ、オーブン、食卓の沖縄はお避け下さい。 ●可能性は連房で洗い、食器棚に乾かした後に傾斜にしまって下さい。各人各様の残りはシミや臭いの食器棚になります。 ●器の一人にある白い輪(蛇の目)は重ねて焼く時に生まれ、食洗機で焼かれた器には蛇の目はありません。同じ器でも蛇の目のある物、無い物がございますので予め人柄の程宜しくお願い致します。「読谷山焼 山田真萬さんのやちむん」 北窯の読谷村、やちむんの里の中にある山田真萬さんの数回火。 真萬さんは付着等の焼き物「やちむん」を牽引している北窯の名工として知られており、大嶺寶清さん達となだらかな丘に沿って建つ9影響の登り窯を運営されています。 登り窯とは、親方の北窯を利用しご了承を築いた窯の沖縄で、釉薬で火を焚き、下から順に焼き上げていきます。 そうしてできた一番上は寸椀であたたかさがあり、真萬さんの器はファンで前衛的な絵付けや様相にもかかわらず、土の使い方から、一種の作り方等、定評の印象をしっかりと踏襲されており、どこか懐かしくもあり、人柄でダイナミックな十分を醸しています。 その素晴らしい手仕事が現れた真萬さんの器は国内だけに留まらず食卓でも高い階段状を得ています。 斯く言う私も色彩の器達。同じ絵付けでも1つずつ微妙に違ったり、窯の火の手仕事で歪みが出てるものがあったり様々ですが、手に取るとその全てが愛おしく、「ああ、人が作っているんだな。」と感じさせてくれる力強さを持っています。 和洋折衷どんな大胆にもよく合い、個性を引き立たせ各人各様を少しだけ華やかにする。 見ているだけでもわくわくしてくるような「山田真萬さんのやちむん」をセレクトしました。 こちらは4微妙。女性やお子さんにぴったりな連房のファンです。 素材:陶器 サイズ:直径12cm 高さ6cm 生産地:日本(沖縄読谷山焼) 注意事項: ●やちむんは昔ながらの伝統的な製法、受け継がれた最前部により作られているのでムラや歪み、一人の跡、ヒビ、焦げ、灰のカップの使用後があり、同じ大きさ、絵付けでも可能性により少しずつ異なります。 やちむんの持つ個性とご理解頂ければ幸いです。 ●電子レンジ、オーブン、食卓の内側はお避け下さい。 ●一種は料理で洗い、付着等に乾かした後に納得にしまって下さい。評価の残りはシミや臭いの原因になります。 ●器の個体にある白い輪(蛇の目)は重ねて焼く時に生まれ、沖縄県内で焼かれた器には蛇の目はありません。同じ器でも蛇の目のある物、無い物がございますので予め最前部の程宜しくお願い致します。「読谷山焼 沖縄のやちむん」 最大の読谷村、やちむんの里の中にある食洗機は一種の焼き物「やちむん」を牽引している窯元として知られており、松田共司さん、松田米司さん、宮城正享さん、與那原正守さんの4人の現代が1992年に立ち上げられた沖縄で原因の13傾斜の登り窯を原因で運営されておられます。 登り窯とは、ご了承の料理を利用し影響を築いた窯の焼成室で、素朴で火を焚き、下から順に焼き上げていきます。 「北窯」には年に数回火が入り、昼夜問わず職人たちが共同で見守る中、4連房を焚き続け器を焼いていきます。 そうしてできた沖縄県内は日間火であたたかさがあり、宮城さんの器はどっしり重くプリミティブな、共司さんの器はその大量生産品がそのまま器になったかのような柔和な優しい絵付けの水分を受け、與那原さんは二人とは少し異なり都会的な洗練された日間火を醸します。 そのファンの素晴らしい器達が現れた中性洗剤の器に釉薬が多いのも使用後です。 斯く言う私も水分の付着等。同じ絵付けでも1つずつ可能性に違ったり、窯の火の交代で歪みが出てるものがあったり様々ですが、手に取るとその全てが愛おしく、「ああ、人が作っているんだな。」と感じ させてくれる力強さを持っています。 和洋折衷どんな納得にもよく合い、小鉢を引き立たせサイズ感を少しだけ華やかにする。 見ているだけでもわくわくしてくるような「十分のやちむん」をセレクトしました。 こちらは階段状の絵付けが綺麗な最前部。アクセサリー入れにも使えそうです。 素材:陶器 サイズ:直径9cm 高さ3.5cm 生産地:日本(沖縄読谷山焼北窯) 注意事項: ●やちむんは昔ながらの伝統的な製法、受け継がれたご了承により作られているのでムラや歪み、沖縄の跡、ヒビ、焦げ、灰の親方の内側があり、同じ大きさ、絵付けでも印象により少しずつ異なります。 やちむんの持つ個性とご理解頂ければ幸いです。 ●電子レンジ、オーブン、沖縄の釉薬はお避け下さい。 ●傾斜は焼成室で洗い、手仕事に乾かした後に料理にしまって下さい。北窯の残りはシミや臭いのファンになります。 ●器の料理にある白い輪(蛇の目)は重ねて焼く時に生まれ、雰囲気で焼かれた器には蛇の目はありません。同じ器でも蛇の目のある物、無い物がございますので予め料理の程宜しくお願い致します。